ポンプのお話

マグネットポンプを製品一覧から探す

ポンプのお話SANWA PUMP

ポンプについて

ポンプ能力のもつ意味

1)全揚程(TOTAL HEAD)H

全揚程とは、ポンプが吸い上げる高さ、ポンプから押し上げる高さ、途中配管やバルブ等の抵抗を全て足したものを言い、mで表します。

全揚程(TOTAL HEAD)
2)吐出し量(CAPACITY)Q

単位時間当たり、いくらの量の液体を連続して流すかを示すもので、L/min、m3/min、3/hrで表します。

3)ポンプ回転数(SPEED)N

ポンプ能力は、上述の全揚程H、吐出し量Qによって概要は決まってしまいますが、遠心ポンプは回転数によって、ポンプの大きさ、性能、形式が大きく異なります。

4)所要動力(POWER)HP

ポンプを運転すると、連続してQなる量の液を吐出しつつ、Hなる高さの所に輸送して仕事をしていますが、それは当然モーターからエネルギーをもらって仕事をしているわけです。 そのポンプを運転するのにモーターがどれだけ電力を使ったか(何kW入力したか)が所要動力(kW)です。

5)ポンプ効率(EFFICIENCY)η

そのモーターからもらったエネルギーで、ポンプがどれだけ仕事をしたかが、ポンプの効率です。ポンプ効率=ポンプの実仕事(出力)/モーターからもらう機械仕事(入力) ポンプ効率ηは、小型は小さく、大口径ポンプほど高くなりますが、一般的には30%から85%の範囲にあります。

ポンプの性能について

ポンプの性能を表示する手段として、性能曲線図(グラフ)があります。ポンプ性能 の測定は工場の試験設備によって行いますが、ポンプ性能曲線とは、ポンプの規定回 転数における吐出し量と全揚程、ポンプ効率,所要動力などの関係を示すものです。 横軸に吐出し量をとり、任意の吐出し量で垂線を引き、その交点がその時の性能を 示します。 吐出し量が0の揚合はポンプ効率も0となり、モーターからの所要動力は全て熱と して空費されることになります。 さらに、NPSH、モーターlNPUT、温度上昇など追加表示することもあります。

ポンプの性能

製品・サービスに関する
お問い合わせ

三和ハイドロテックの製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、下記お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

貸出機のお申し込み

三和ハイドロテックでは、より製品の使いやすさを実感していただくため製品の貸出をおこなっております。下記貸出機専用フォームよりお申し込みください。