ポンプのお話

マグネットポンプを製品一覧から探す

ポンプのお話SANWA PUMP

ポンプについて

ポンプの構造

渦巻きポンプの構造は、固定した容器(ケーシング)中で、羽根車(インペラー) を高速で回転させるだけの単純なものです。 羽根車を回転させるためには軸を通して外部につなぎ、モーター等で回します。 軸(シャフト)を支える為に、軸受け(ベアリング)があります。 固定している容器(ケーシング)と回転している軸(シャフト)の間から液が漏れる のを防ぐ為に軸シールをつけています。 A)ポンプ本体部(ケーシング、インペラー), B)軸シール部(グランドパッキン、メカシール等) C)軸受け部(ベアリング、ハウジング等)に分けられます。 これらは、ポンプ能力(吐出し量、全揚程)、液性(粘度、比重、スラリー等)など の条件で最も効率良く設計する為、様々の形状、構造があり、使用される材料も種々 あります。

ポンプの構造

製品・サービスに関する
お問い合わせ

三和ハイドロテックの製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、下記お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

貸出機のお申し込み

三和ハイドロテックでは、より製品の使いやすさを実感していただくため製品の貸出をおこなっております。下記貸出機専用フォームよりお申し込みください。