ポンプのお話

マグネットポンプを製品一覧から探す

ポンプのお話SANWA PUMP

ポンプについて

軸受け構造

a) ボールベアリング2箇所で軸を支え、軸先端にインペラーを取り付ける片特ちオーバーハング方式が一般です。これに対して、大型両吸い込みポンプ(DC型)や、多段ポンプ(SRM)などの荷重が大きい場合の両特ち方式があります。これは軸シールが両方に必要となり、取り扱いも複雑です。

片特ちオーバーハング方式

b) ボールベアリングには、モーターベアリングで使用されているグリス式とオイル式 とがありますが、オイル式が一般的です。そのオイルの漏れを止める為、オイルシールかラビリンスが両側に取り付けられています。スリンガーは外部からの雨や埃りなどを振りきり軸受けを保護する為のものです。

モーターベアリングで使用されているグリス式とオイル式

c)オイルゲージには、オイルポット窓、L型オイルゲージ、コンスタントオイルレベラー等があります。

製品・サービスに関する
お問い合わせ

三和ハイドロテックの製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、下記お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

貸出機のお申し込み

三和ハイドロテックでは、より製品の使いやすさを実感していただくため製品の貸出をおこなっております。下記貸出機専用フォームよりお申し込みください。