ポンプのお話

マグネットポンプを製品一覧から探す

ポンプのお話SANWA PUMP

ポンプの軸シールについて

軸スリーブの表面硬化処理について

グランドパッキン方式は、回転軸と固定パッキンとで面接触して回転する為、接触 面が磨耗し漏れが多くなり、パッキンと軸の交換が必要です。軸は交換しやすく、ス リーブを被せてそれを交換します。さらにスリーブには寿命を持たせるよう表面に硬 化処理をしています。 表面硬化(HF)には、ステライト盛り(ST6)、ハードクロムメッキ(Hcr)、 Ti酸化肉盛り、などあります。ポンプがハステロイの場合は、耐食的にハステロイよ り優れて硬い材料が無いため特に行いません。 メカニカルシール方式は、2次シール部分のテフロンVリング部分が微小に動く為 磨耗することがあり、表面硬化して、スリーブの寿命を延ばしています。表面硬化は セラミックコーティング(RC)が一般的です。 Oリングの場合は、軟らかく弾力性のあるゴム系(NBR、EPR、バイトン、カルレッ ツ)を使用していますので磨耗はなく、特にスリーブの表面硬化は行う必要は有りま せん。もちろん、ベロー型や、静止型メカニカルシールは、Oリング部は固定シールで すからスリーブの表面硬化は必要有りません。

軸スリーブの表面硬化処理

製品・サービスに関する
お問い合わせ

三和ハイドロテックの製品・サービスに関するご質問・ご相談、さらに詳しい説明をご要望の方は、下記お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

貸出機のお申し込み

三和ハイドロテックでは、より製品の使いやすさを実感していただくため製品の貸出をおこなっております。下記貸出機専用フォームよりお申し込みください。